顎ニキビとクレアラシルの話

このエントリーをはてなブックマークに追加   

顎ニキビにクレアラシルは有効かどうかはわからない

顎ニキビにクレアラシルを
使ってる人は意外と多いかもしれません。

 

アクネ菌の殺菌効果に加え
皮脂を取り除く効果もあるので
とても理に適っているように見えます。

 

しかしあくまで薬は薬ですので
使ってはいけないわけではないですが
程々にしておきましょう。

 

顎ニキビが出来たらそれを使うという
発想しかできないのであれば
かなりヤバイです。

 

 

 

・クレアラシルのキホン事項

 

 

 

クレアラシルは最も有名な
ニキビ治療薬のひとつです。

 

独特な色と臭いは
有効成分にイオウが含まれてるからです。

 

イオウは火山から吹き出る成分で
角質の軟化や皮脂吸収効果があります。

 

つまり天然のピーリング剤ですね。

 

天然物なので人工的な成分よりも
効果が緩やかだと思われます。

 

配合率が3%と最も高いので
クレアラシルの主要成分といえます。

 

その他の有効成分はレゾルシン、
グリチルリチン酸ジカリウム、
トコフェロール酢酸エステルです。

 

レゾルシンは殺菌成分で、
グリチルリチン酸ジカリウムは
炎症を抑える成分、

 

そしてトコフェロール酢酸エステルは
ビタミンEのことで酸化した
皮脂が増えるのを防ぎます。

 

徹底的に殺菌と抗炎症効果がある
ステロイド系の軟膏よりも
だいぶ自然よりの配合だと思います。

 

もちろん添加物はいろいろ入ってるので
その点はちょっとアレですが、
ガッツリ化学物質オンリーなものよりは
マシかなと思えるものです。

 

 

 

・クレアラシルで悪化することも?

 

 

 

クレアラシルは市販薬でもあるので
効果はステロイド系や
処方薬と比べると緩やかなほうです。

 

なので即効性は微妙ですが
肌への負担が少ないほうだと
考えられます。

 

そのため使う際は根気よく
使い続ける必要があります。

 

当然、用法用量の範囲内で、です。

 

しかし、積極的に推奨できるものでも
ないので勘違いしないようにしてください。

 

薬は強い弱いに限らず
最終手段とするべきです。

 

化粧品で済ませられたほうが
肌への負担が少ないですので。

 

化粧品も質が悪いと意味がないので
まずはそこから気をつけるべきです。

 

ちなみにクレアラシルを使って
悪化したという声も耳にします。

 

それはそれで当然の結果ともいえます。

 

硫黄系の軟膏は乾燥を助長するので
乾燥肌の人には向きません。

 

塗り方を間違えると患部と関係ないところに
副作用が起こる可能性もあり、
何らかの成分が肌に合わないこともあります。

 

一番問題なのはクレアラシルで
なんとかなるという発想ですので、
もしそれが少しでもあなたにあるなら
いますぐ考えを改めるようにしてください。

 

メニュー