顎ニキビとクレンジング問題

このエントリーをはてなブックマークに追加   

顎ニキビ対策はクレンジングから考えましょう

顎ニキビの予防や改善を
考えるうえで盲点となるのが
クレンジングです。

 

洗顔料や化粧水にこだわってても
クレンジングで肌を痛めてたら
もったいないですよね。

 

てことでクレンジングも
ニキビスキンケアのひとつと
捉えてほしいと思います。

 

肌につけるものは
どれもデリケートであるべきです。

 

 

 

・クレンジングにも気をつけないと…

 

 

 

顎ニキビの原因として
よく取り上げられるのが
乾燥肌や脂性肌などの肌トラブル。

 

だから洗顔するときは
優しくしましょうと言われます。

 

それはいいのですが、
その前に問題となるのが
クレンジングです。

 

女性は年頃になると
誰でも化粧をするものです。

 

早い方だと中学生くらいから
してるのかな?

 

人生の中でトップクラスに
長い付き合いとなるグッズです。

 

それゆえ影響力が強いので
使うものの質は気をつけないと
いけません。

 

クレンジングも必然的にそうなります。

 

クレンジングは強力な洗浄剤ですので
油が主体のメイクを落とせます。

 

強力というのは界面活性剤が
多く使われてることを意味します。

 

特にリキッドタイプがそうです。

 

洗浄力が強いと皮脂を取り除き
すぎると同時に肌そのものを痛めます。

 

すると慢性的な乾燥肌や脂性肌に
なってしまう恐れがあります。

 

それではニキビスキンケアをしても
効果が薄まってしまうものです。

 

 

 

 

・使うべき肌に優しいタイプのクレンジング

 

 

 

 

ということでクレンジングも
ニキビスキンケアを選ぶときと
同じように気持ちを込めて
ちゃんと選ぶようにしましょう。

 

一番のおすすめはオイルクレンジングです。

 

油はニキビ対策において
NGという人も多いですが、
要は使いようです。

 

昔は化粧落としといえば
オイルクレンジングが主流で、
油を浮かせる効果があります。

 

でも最近は利便性が追求されて
リキッドタイプが多くなってしまいました。

 

せめてクリームかミルク系を
選んでほしいと思います。

 

ジェルでもいいのですが
商品によって質にばらつきが激しいようなので
なるべくクリームかミルクがいいです。

 

より刺激が少ないのは
ミルククレンジングです。

 

もちろんミルクだからといって
全部低刺激で安全性にこだわってるとは
限りません。

 

事前に成分をチェックするのは必須。

 

ニキビスキンケアを選ぶときも
成分表示は見ますよね?

 

クレンジングのときも
しっかり選びましょうね。

 

ちなみにニキビスキンケアセットに
クレンジングも含まれてるものもあります。

 

あんまりないのでめずらしいですが
セットだからいいわけでもありません。

 

ニキビスキンケアと言っておきながら
質が悪いのはたくさんあるからです。

 

メニュー