顎ニキビと胃の関係

このエントリーをはてなブックマークに追加   

顎ニキビができるのは胃の調子が悪いからかもしれません

顎ニキビができるのは
胃に異常が起きてる可能性があります。

 

栄養不足や消化不良が発生し
どんどんニキビができやすい
体質になっていきます。

 

顎ニキビは消化器の異常が
反映されていることが多いので
食生活を見直す必要があります。

 

 

 

・顎ニキビが治らない根本原因

 

 

 

顎ニキビが治らないと思ったら
まず見直さないといけないのが食生活です。

 

ほとんどの人は化粧品を探し求めると
思われますがそれではずっと解決しません。

 

そう言えるのはニキビは体の健康状態を
知らせるものだからです。

 

肌に合わない化粧品を使うと
ニキビが出来てしまうこともありえますが
それは根本的な原因とはいえません。

 

顎ニキビは消化器との関係が
深いと言われています。

 

けっこう単純な理屈でもあるのですが
口も消化器のうちのひとつであり
その近くにあるということで
影響が出る構造になっています。

 

決して食べかすが口元に付きやすいから
顎ニキビができるわけではありません。

 

特に関係が深いのは胃腸です。

 

社会人になるといろいろなお付き合いがあったり
体の衰えも自然と加速していくので
胃腸の負担は相当なものです。

 

おそらくほとんどの方は日々やることに
忙殺され食生活のことに関しては
意識が向いていないと思います。

 

リラックスする意味で
金曜の夜は飲みに行くというのも
ある意味では重要なのですが、
体にとってはよくないことでもあります。

 

酒自体も体に負担をかけますし、
食べるものも栄養的に怪しいものが多く
ほとんど体の為にはなってないと思います。

 

そもそも外食の時点で問題があります。

 

 

 

・胃の調子が鍵をにぎる

 

 

 

暴飲暴食までいかなくても
それに近いことが習慣化されていると
内臓は必ずダメになっていきます。

 

自分ではまだ大丈夫だと思っていても
体は正直です。

 

もし本当に大丈夫だったら
顎ニキビは全く出来ていないはずですし、
全体的にコンディションもいいはずです。

 

胃の調子が悪くなると消化不良を起こすので
慢性的に栄養不足になります。

 

それと同時に腸に老廃物が溜まるので
体内に毒素がどんどん入り込みます。

 

それがニキビの原因にもなります。

 

ホルモンバランス、ターンオーバー、
自律神経、肌の状態すべてに関係します。

 

その問題を断ち切りたいのであれば
胃に負担をかけないことになります。

 

例えば、よく揚げ物が悪いと言われます。

 

高温調理ほど体に悪いものになるのもそうですし
素材自体も問題が山積しています。

 

ただ油っぽいからという単純な要素だけではなく
消化しにくさなども考慮し、
食べすぎないようにするのが大事です。

 

好物を食べないようにするのは
けっこう無理がありますので
そういう意味でも食べ物と
うまく付き合っていくのが大事です。