顎ニキビにイソフラボンが良い?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

顎ニキビにイソフラボンが良いと言う前に考えること

顎ニキビはホルモンバランスの乱れが
原因とよく言われることから
イソフラボンが注目されています。

 

大豆食品、特に豆乳がおすすめされることが多く
飲んでる人は地味に多そうです。

 

でも摂取の仕方に注意しないと
かえって逆効果になりかねないので
最低限の知識は身に付けましょう。

 

 

 

・イソフラボンが注目されるワケ

 

 

 

ホルモンバランスの乱れと
ニキビは大きく関係してるのは有名です。

 

顎ニキビは大人ニキビの典型例なので
ホルモンバランスとの関わりは
けっこう深い印象もあるでしょう。

 

ホルモンバランスが乱れるということは
ほとんどの場合、女性ホルモンが
減ることを意味します。

 

すると必然的に男性ホルモン量が増え
ニキビができやすくなるといわれています。

 

その状態を少しでも軽減できると
注目されてるのがイソフラボンです。

 

分子構造上、女性ホルモンの
エストロゲンと似ているので
女性ホルモン様作用があるといいます。

 

女性ホルモンを増やすやり方として
ホルモン療法やピルの服用がありますが
いずれも副作用が懸念されるため
ニキビ対策としてはおすすめされません。

 

イソフラボンなら食品から摂取する形になるので
体に余計な負担が増える恐れが薬よりは低いです。

 

イソフラボンは大豆食品なら
なんでも含まれていますが、
手軽に摂取できることから
豆乳が一番人気のような感じですね。

 

 

 

・大豆食品の問題点

 

 

 

しかし、大豆食品には注意点がいろいろあります。

 

人気が高い豆乳は特にそうで、
下手するとニキビを増やすことにも
なりかねません。

 

豆乳は無調整だとまずいので
ほとんどのものは調整されています。

 

つまり、甘みを加えて
飲みやすくしてるということになりますが
糖質を直接体に入れることになるので
体にいいとは言えない部分もあります。

 

人工甘味料も体に悪いことは
どんどん明らかになってきています。

 

そして大豆は発酵してることが重要です。

 

大豆には植物毒が多いため
本来は発酵させないと食べてはいけないと
言われるほどのものなのです。

 

なので納豆か味噌汁の形で摂取するのが
一番いいのですが、大豆は大量生産されるがゆえ
遺伝子組換え品が多い問題もあります。

 

味噌もほとんどは質が悪く
発酵の過程も早めたりしています。

 

ということでイソフラボンに注目するのは
悪いことではないにしろ、
一定の注意は必要だということを
忘れないでほしいと思います。

 

化粧品と同じく食べ物も質を重視する時代なのです。

 

豆乳とかパッケージングされた味噌汁ばかりでなく
自分で作ることも考えないといけません。