顎ニキビと肝臓の関係

このエントリーをはてなブックマークに追加   

顎ニキビは肝臓とどう関係するのかご存知ですか?

顎ニキビと肝臓は
とても関係が深いです。

 

日頃から肝臓に
負担をかける生活をしてると
毒が皮膚へ回ってきます。

 

他にもホルモンバランスにも
影響したりするので
食生活は気をつけてください。

 

 

 

・顎ニキビの意味のないケア

 

 

 

顎ニキビを考える上で
肝臓は欠かせない要素です。

 

肝臓と言えば解毒器官として
有名ですがニキビとの関連は
あまり語られません。

 

それは西洋医学にどっぷり
浸かりすぎてるからともいえます。

 

いまでも大半の人は
化粧品や薬は何がいいかと
悩んでるかと思います。

 

それを使って効かなかったら
他のを探すを繰り返してませんか?

 

もしそうだとしたら
全く原因にアプローチできていない
典型例になります。

 

ニキビの本来の原因とは
肌表面に表れないものなので
スキンケアばかりしていても
意味がないのです。

 

意味がないといったら
ちょっと語弊がありますが、
スキンケアとは悪化しないように
しておく処置というものです。

 

原因は肝臓などの
内臓の調子が悪くなることです。

 

 

 

・肝臓の重要な役割について

 

 

 

肝臓の役割はいろいろありますが
解毒が最も知られています。

 

デトックスともいいますが
体に入ってきた有害物質を
無毒化する役目があります。

 

ところがその能力を上回る毒が
入ってくると処理しきれずに
肌に集ってきます。

 

肌もまた解毒器官だからです。

 

アルコールを飲みすぎると
二日酔いになるのは血液中に
毒素が回るためですが、
ニキビもそれと似ています。

 

毒が体に回ってしまうのは
食生活が主な要因となります。

 

胃腸の調子ももちろん関係しますが
肝臓も自然と関係してきます。

 

身の回りにある食べ物は
残念ながら毒だらけです。

 

ニキビと食べ物といったら
脂っこいものを連想しがちですが
それはほんの一部の要素です。

 

脂そのものより、
脂に含まれる毒のほうが
考えるべきことです。

 

脂は細胞の材料になるので
大事ですが毒が溜まりやすい
器官でもあります。

 

もちろん他の食べ物も
添加物だらけですので
内臓が弱って当たり前なのです。

 

ちなみに肝臓が弱ると
ホルモンバランスも悪くなります。

 

黄体ホルモンの分解という
役目もあるのでその機能が低下すると
皮脂が多くなります。

 

なので女性は特に注意が必要です。

 

女性はヒゲが生えないですが
そのせいで皮脂が多く
分泌される傾向にあります。

 

黄体ホルモンは
男性ホルモンと同じく
皮脂腺を刺激する特徴もあります。

 

肝臓はもちろん
体をちゃんと労ってください。

 

メニュー