顎ニキビに効く薬は何?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

顎ニキビに効くと言われる薬は大抵効果がありますが…

顎ニキビに効く薬は
有名どころでなくても
なんでも該当します。

 

効果の度合いはそれぞれですが
飲み薬だろうと塗り薬だろうと
効くと認定されたから
世に出されてるんですね。

 

でも本当の意味で治すものは
1つもないので勘違いしないよう
注意してください。

 

 

 

・顎ニキビに効く薬はごまんとある

 

 

 

顎ニキビに効く薬といえば
特別なものがあるわけではなく、
みなさんが知ってるようなものです。

 

顎ニキビ専用薬みたいなものが
あるわけではなく、
ニキビにいいよって言われてるものなら
なんでも効く可能性はあります。

 

医薬品と認定されたものは
効くと宣伝で表現できるのですが
単なる言い回しという意味だけではなく、
ちゃんと効果が認められたから
市販できるんですね。

 

もちろん処方薬も理屈は同じです。

 

市販薬と比べて効果が強いか
そうでないかの違いくらいしかないので
基本的にはなんでも効くといえます。

 

明らかに使い方を間違えない限り
大抵は鎮静化のサポートができるはずです。

 

間違った使い方の典型例は
ニキビ周辺に塗り込んでしまうことや
炎症が起きてないのに使うことです。

 

最近はピーリング効果がある塗り薬も
出てきていますが基本的にニキビ治療薬は
殺菌や抗炎症効果を有するものです。

 

飲み薬だといいのですが、
白ニキビなのに塗り薬はあまり意味がないし、
その時点で薬はいらないといえます。

 

 

 

・薬で顎ニキビは治せない

 

 

 

ただ顎ニキビに関しては
なかなか治らないという声も多いので
薬を使ったからといって
すぐに症状が緩和するとは限りません。

 

もしかしたらオロナインや
ペアアクネクリームなど
比較的マイルドな塗り薬や、

 

ペアA錠、チョコラBBなどの
ビタミン剤だとなかなか効果が
現れないでストレスが
溜まってしまうかもしれません。

 

そういうときは少し強めの
テラ・コートリルといった
ステロイド系を使うか、
皮膚科にいったほうがいいでしょう。

 

注意してほしいのは
効果が強いと言われるものほど
副作用が強くなることです。

 

下手に使いつづけると
悪化する恐れも十分ありえます。

 

市販薬は処方薬と比べると
即効性がないのですが
安全性が高いというメリットがあります。

 

どっちを取るかはあなた次第ですが
基本的には薬に頼らないことが理想です。

 

薬は症状を抑え込む力は強いですが
ニキビの根本的な原因には
対処できません。

 

もし薬を使っても症状の緩和すら
実感できなかったらなおさら
治療法を再検討すべきだと思います。

 

薬はその場しのぎでしかないことを
改めて認識してほしいですね。

 

メニュー