顎ニキビを繰り返すのなら薬はNG

このエントリーをはてなブックマークに追加   

顎ニキビを繰り返すのなら薬に頼るのは避けよう

顎ニキビを繰り返す場合、
どう対処すればいいか
迷っていないでしょうか?

 

もしくはすぐ薬に頼ろうと
していないでしょうか?

 

薬も使いようなのですが
慢性的に使うものではないので
十分注意してください。

 

顎ニキビを繰り返す理由を
増やさないためにも。

 

 

 

・薬はニキビ対策の定番

 

 

 

顎ニキビは大人ニキビの中でも
できやすいほうです。

 

口の近くは消化器の不健康さ、
ストレスの影響など
いろいろ悪い要素を受けやすいからです。

 

女性だと生理が来るたびに
顎ニキビに悩まされる場合も
少なくないと思います。

 

ではどうしたら負の連鎖を
断ち切ることができるでしょうか。

 

方法論はいろいろありますが
ある意味最もポピュラーなのが薬です。

 

なぜなら即効性があるからです。

 

ニキビなどの悩ましいことほど
すぐになんとかしたいと思うのが
人間の性です。

 

化粧品なども定番ですが、
効果が最も強いのは薬です。

 

薬も多種多様ですが
皮膚科に受診しないと買えない
処方箋薬は最も効果が強力です。

 

市販薬では使えない成分があったり
濃度が違ったりするので
扱いに注意が必要ということで
薬局では買えないようになってます。

 

薬局に売ってるものは
比較的効果がゆるやかなので
特に厳しい規制がないものですが、

 

それでも化粧品と比べると強いので
ある程度の注意が必要です。

 

ちなみに医薬部外品は分類上、
化粧品よりも効果が強いものですが
市販薬よりは効果がゆるいです。

 

 

 

・薬は本質的にあまり意味がない

 

 

 

同じ処方箋薬でも市販薬でも
種類がたくさんあるので、
どれも効く可能性があり、
逆に効果がないこともあります。

 

そのへんは個人差があるので
なんともいえない
仕方のない部分です。

 

問題は副作用です。

 

効果が強いということは
副作用も強いことを意味します。

 

副作用とは炎症やかゆみなどですね。

 

下手するとニキビが悪化したような
状態になることもあります。

 

うまく効いてくれると
早ければ翌日にも腫れが引いて
感動できることもありますが、
そうじゃないこともよくあります。

 

ただ、うまくいったとしても
安心してはいけません。

 

そのときはよかったとしても
繰り返すことに悩んでいる場合、
ほとんど役に立たないかもしれません。

 

塗り薬は特にですが、
顎ニキビを繰り返す原因に
対処できないからです。

 

殺菌作用があると
免疫の助けになるともいえますが
成分によっては菌が強くなって
逆効果になることもありますし、

 

何より症状を抑え込むだけのものは
解決とは程遠いという要素が
最も気にかけないといけないことです。

 

メニュー