顎ニキビとオロナインの是非

このエントリーをはてなブックマークに追加   

顎ニキビにオロナインは有効な薬のひとつだと思います

顎ニキビにオロナインは有効だと思います。

 

何より注目は安全性が高いことで
無闇に炎症を抑えないこともいいことです。

 

ついでに保湿効果も得ることができるので
隠れた名プレーヤーです。

 

 

 

・オロナインの概要

 

 

 

オロナインH軟膏は家庭の常備薬として
確固たる地位を築いているといっても
過言ではないものです。

 

最近の家はわかりませんが
昭和から存在しているところなら
高い確率で常備されてるのではないでしょうか。

 

なぜそうなったかはいろんな理由が
考えられますが注目すべきは
安全性が比較的高いからかもしれません。

 

オロナインの最大の特徴といえるのは
とてもシンプルなこと。

 

効能は殺菌と保湿だけで有効成分は
クロルヘキシジングルコン酸塩液だけです。

 

それが殺菌作用を有する成分です。

 

他にはオリブ油やワセリン、
少々の添加物が含まれてる程度で
刺激はほとんどありません。

 

よほど大量に毎日塗りたくるといった
極端なことをしない限り
副作用のリスクもほぼないといえます。

 

ニキビ治療になると注目されてるのは
効果効能欄の最初にニキビと
書いてるというのが大きいと思います。

 

数ある皮膚炎の中でなぜニキビが
一番最初に書かれているかはわかりませんが
それほど一般的なものだと
製薬会社も認識していたのかもしれません。

 

 

 

・顎ニキビ対策にもおすすめ

 

 

 

オロナインのいいところは
基本的に殺菌作用しかないことです。

 

ニキビと言ったら抗炎症成分が
当たり前になっていますが、
本来なら望ましいものではないです。

 

なぜなら炎症も殺菌のために
働いているものだからです。

 

オロナインはその手助けを
少しだけしますよというものですので
悪化の可能性も少ないと思われます。

 

ただ顎ニキビの場合は皮脂の多さが
懸念されることもあります。

 

顎は男性ホルモンの影響が強いので
皮脂量が多くなりやすい部位です。

 

オロナインには油分が含まれてることから
賛否が分かれるところですが、
実際は使ってみないとわかりません。

 

ニキビと皮脂は切っても切れない関係ですが
必ずしも悪い関係とはいえません。

 

もしかしたら乾燥肌と脂性肌を
繰り返してるかもしれないですし、
そういうときは保湿をしたほうが
いいですよね。

 

皮脂が詰まるのもターンオーバーが
乱れてるということであって、
油を塗ったからといって
ニキビが悪化するとは限りません。

 

そもそも患部にだけ少し塗ることや
洗顔したあとに使うなど
正しい使い方をすれば
リスクはほぼなくせるはずです。

 

注意点としては塗りすぎないことと、
重症なニキビにはあまり効き目がないことです。

 

効き目がないといったら語弊がありますが
炎症が進んだ状態だとニキビ跡の
危険性も出てくるのでそういうときは
炎症を鎮めるのも効果的となります。