顎ニキビのしこりを針でいじらない

このエントリーをはてなブックマークに追加   

顎ニキビがしこりになったとしても針は使ってはいけない

顎ニキビのしこりを取り出すのは
基本的にNGです。

 

針を使うなどもってのほかです。

 

もしやりたいのなら
皮膚科に行くべきですので
自分でやらないようにしましょう。

 

少し考えてみてください。

 

針を自分で刺すのは怖くないですか?(汗)

 

 

 

・針を使っていい場合のニキビ

 

 

 

ニキビは早急に治したいのが心情ですので
人間はいろいろな方法を思いつくものです。

 

針もそのもひとつですね。

 

裁縫で使うような細い針をニキビに刺して
膿などを取り出してしまおうという
ちょっとした荒療治です。

 

でも意外と有効な場合もあります。

 

膿が溜まっている黄ニキビですね。

 

黄ニキビは膿とコメドが混ざったものが
表面上に現れた状態になっています。

 

それもほうっておくと新たなニキビの
原因になりえるので取り出せるなら
早めにとったほうがいいものではあります。

 

もちろん手、針ともにきれいな状態に
して置かなければなりません。

 

先端を少しだけ刺してから
ニキビを潰すと膿が出てくるので
アップで見るとグロいですが
ちょっとした快感を覚えるものです。

 

コメドだってそうですよね。

 

黄ニキビの場合は潰してもいいという
声が多勢だと思うので、
ちゃんと処置できるなら
自分でやってもOKでしょう。

 

膿を出すときはコメドプッシャーがあると
より確実だと思います。

 

 

 

・しこりニキビに針はNG

 

 

 

しかし、顎によくできる
しこりニキビ(またはこもりニキビ)の場合は
針は使ってはいけません。

 

針を使って良いのは黄ニキビのみです。

 

専門家でもない限り奥に溜まっている
老廃物を取り出すことはできないので
やらないのが無難です。

 

そもそもしこりニキビを
外科的に処置することは
あまりおすすめできないことだと思います。

 

ニキビ跡が残る可能性が高まるからです。

 

一応保険が効くようですが
皮膚科にも差はありますので
できるだけ実績を調べてから
受診するのが鉄則です。

 

本当に重要な事は皮膚科に行くことではなく
しこりニキビができないよう
普段から気をつけることです。

 

たとえしこりニキビになったとしても
強い痛みが出るほど重症化しない限り
余計な手を加えるべきではありません。

 

仮にうまくいったとしても痛いですし、
ニキビ跡が残るリスクは高まります。

 

もし大失敗すれば・・・
もしかしたら肌組織が大きく損傷したことで
粉瘤になってしまうかもしれないですし、
切開手術が必要になることも考えられます。

 

そうなるとニキビ跡より厄介な
手術跡が残る事になります。