顎ニキビとしこりがかゆみを招く

このエントリーをはてなブックマークに追加   

顎ニキビとしこりはかゆみを誘発することがあります

顎ニキビにしこりが伴うと
かゆみが出ることもあります。

 

理由は単純でニキビが悪化する
土台が形成されてしまってるからです。

 

対処法はいろいろありますが
小手先のテクニックだけでは
解決しないのは言うまでもありません。

 

 

 

・顎ニキビとしこりとかゆみの関係

 

 

 

顎ニキビは口元よりしたということで
大人ニキビとしての認識が強いですね。

 

思春期までは頬やTゾーンが中心ですが
大人になるとだんだん下へ下ります。

 

そして大人になるほど生活が
だらしなくなるものなので
顎ニキビも悪化しやすくなります。

 

おとなになったらふつう、
ニキビはできないものです。

 

それができるということは
そうとう体に悪い影響を
与えてしまっているということです。

 

かゆみも悪化のサインだと思われます。

 

ニキビは赤ニキビになると
重症なゾーンに入ったといえます。

 

炎症が起こると肌への負担が増えるので
痛みも伴うことがあります。

 

痛みもかゆみもヒスタミンという物質が
関係していて、神経の圧迫などで
起こると考えられています。

 

なのでしこり自体にかゆみとの
直接的な因果関係はなさそうですが
間接的には関連してると思われます。

 

問題はかゆみというよりニキビ肌であり
それが継続している状態ですね。

 

細菌の繁殖もそうですが
乾燥肌もかゆみを招きます。

 

ニキビと乾燥肌は密接に関係してるので
ストレスも視野に入れて
私生活を振り返ってみましょう。

 

 

 

・顎ニキビがかゆいときの対処法

 

 

 

かゆいとかきたくなりますが
当然かくと悪化するのがオチです。

 

そこで対症療法として
一時的にかゆみを軽減する方法を
合わせて紹介しておきます。

 

オーソドックスなのは冷やすことです。

 

氷でも保冷剤でもいいので
患部を冷やすとかゆみはかなり抑えられます。

 

神経を麻痺させるためです。

 

ただ、やりすぎは炎症の妨げになります。
炎症は体の異常を治すために
発生する免疫反応なので
あまり邪魔するのも問題です。

 

乾燥肌になっているのなら
保湿もしておくのが重要です。

 

賛否両論ありますが基本的には
油分を含まないものの方がよいでしょう。

 

当然のことながら化粧品の質は
よいものでないといけません。

 

中途半端なものを選ぶと
界面活性剤や添加物の影響で
よけいニキビ肌になる恐れがあります。

 

ニキビを悪化させてる要因の多くは
化粧品にもあると思われます。

 

乾燥対策的にはしっとりタイプが
ベターですがしっとりほど
余計なものが含まれてるかもしれません。

 

さっぱり系より成分が多くなりがちだからです。

 

十分注意しましょう。