顎ニキビのしこりはオロナインでは難しい

このエントリーをはてなブックマークに追加   

顎ニキビはまだしもしこりはオロナインでは改善できない

顎ニキビのしこりをオロナインで
どうにかしようと思わないほうがいいです。

 

明らかに対象外ですので
下手に薬に頼らないようにしましょう。

 

炎症を鎮めたい理由があるならまだしも
そうでないならふつうに軽く
スキンケアをするくらいでいいでしょう。

 

もちろん生活習慣の改善は必須です。

 

 

 

・オロナインの効能について

 

 

 

オロナインは大塚製薬が出している
とても有名な薬です。

 

正式名称のオロナインH軟膏も
かなり知れ渡っていると思います。

 

一家にひとつあると言われるほど
ポピュラーな塗り薬で
とりあえず怪我をしたら使っておくものと
認識してる人も多いでしょう。

 

効能欄にニキビと書いてあるので
ニキビ対策として使ってる人も
かなりいそうですね。

 

オロナインの効能は大雑把にいうと
殺菌と保湿の2つです。

 

よって赤ニキビに対しては効果を発揮します。

 

が、それ以外はあまり役立ちません。

 

保湿は油分が含まれているからですが
下手に塗りすぎると余計に毛穴が塞がり
ニキビの原因となりえます。

 

他の軟膏薬と同じように
赤く腫れている部分だけに
少しだけ塗るという程度にしましょう。

 

ぐりぐり塗るこむのはNGです。

 

 

 

・オロナインにしこりを治す効能はありません

 

 

 

次に顎ニキビによくできる
しこりについてはどうかというと、
これは言うまでもないですが
効果は期待できません。

 

しこりは肌の奥に溜まっている老廃物の塊で
新陳代謝を促すことが最良の策です。

 

余計な皮脂や角質、コラーゲンが
溜まっている状態でやっかいですが
無理になんとかしようとすると
ニキビ跡の原因になります。

 

かといって炎症を鎮めるのも
得策ではないので何かの理由がない限り
オロナインも使わないほうがいいです。

 

殺菌や保湿くらいなら化粧品でも
十分可能ですし、そもそも炎症は
必要だから起きてるものなのです。

 

そして更に言わせてもらうと、
オロナインの効能はたかが知れてるので
しこりに対しては全くの無意味です。

 

コラーゲンや芯を溶かすような
効能はないですし、
そもそも肌の奥まで浸透する
効果もありません。

 

そもそも肌の奥に浸透するのは
薬剤が体にどんどん入ることになるので
あまりいいことではないのですが。

 

ただ、抗炎症作用はないので
他の薬よりはだいぶマシだといえます。

 

添加物がいろいろ入ってるのは気になりますが
ステロイドや抗生物質などと比べると
遥かにマシです。

 

ある意味ではピーリング剤や
界面活性剤がたくさん入った化粧品よりも
有能だと言えるのではないでしょうか。

 

しこりに対しては期待してはいけませんが
早く殺菌を促したいのであれば
使ってみてもいいと思います。