顎ニキビのしこりを潰すのはよくない

このエントリーをはてなブックマークに追加   

顎ニキビがしこりになっても潰すのはやめておきましょう

顎ニキビが悪化すると
しこりができてしまいます。

 

すぐなんとかしたいと思うのが
ふつうだと思いますが、
間違っても潰すことはやめてください。

 

ニキビで潰していいのは
白ニキビか黒ニキビか黄ニキビだけです。

 

しこりは肌の奥に存在してるので
そもそも取り出すのが難しいですし、
強引にやると状況悪化する恐れがあります。

 

 

 

・顎のしこりニキビはとてもやっかい

 

 

 

顎は男性ホルモンの影響力が強いので
皮脂量が多い特徴があります。

 

生活習慣の乱れがすぐ反映する箇所ですので
影響もでやすいといえます。

 

ホルモンバランスの崩れはもちろん
口に近い部分は食生活の乱れも反映されます。

 

乾燥肌、混合肌、脂性肌と
あらゆる状態になる可能性があります。

 

皮膚の厚みも影響して
しこりもできやすい箇所です。

 

いろいろな情報発信者の意見を見る限り、
顎はしこりニキビができやすいのは
まず間違いありません。

 

ニキビができやすいということは
それほど老廃物が溜まりやすいことを意味します。

 

老廃物とは皮脂や角質、細菌や白血球の死骸などの
寄せ集めのようなものでそれが固まってくると
しこりと言われる状態になります。

 

触るとコリコリするのですぐわかり、
悪化すると大きくなったり痛くなったり
腫れ上がったりもします。

 

体にとって不要なものなので
すぐに取り出せればいいに決まってるのですが
そう簡単にはいきません。

 

 

 

 

・しこりを潰すのは逆効果

 

 

 

 

しこりは黄ニキビのように
肌の表面に見える形では存在しないもの、
と定義することができます。

 

よって非常に取り出しにくいです。

 

無理に潰して取り出そうとすると
周辺組織にダメージが及び、
ニキビ跡のリスクを高めます。

 

物理的に肌が傷つきますし、
老廃物が拡散する恐れもあるからです。

 

表面上にある黄ニキビの膿でさえ
細心の注意が必要なのです。

 

ではしこりを潰さずにどう対処すればいいのか。

 

その方法はすでにあなたもご存知なはずです。

 

要はターンオーバーを正常化すればいいのですが
そのためには原点に帰結する必要があります。

 

極力化学物質に頼るのをやめ、
口に入れるものに気を配り、
適度に動き、ちゃんと寝るのです。

 

そういう人として自然な行いを
地道に継続することでしこりも自然と
排出されていくはずです。

 

痛みや腫れ上がりがひどくなったら
対症療法も必要になってきますが
ほとんどの場合そこまでひどい状態まで
悪化するケースは少ないと思います。

 

なので病気と同じように
予防が大事という発想を
今一度認識しなおしてください。