顎ニキビのしこりを治療したい

このエントリーをはてなブックマークに追加   

顎ニキビのしこりを治療する際の注意点と概要について

顎ニキビがしこりになった場合、
なんらかの治療をする必要があります。

 

必ず病院に行かないといけないわけではなく
自分でもできることはあるので
いろいろやってみるといいと思います。

 

基本は洗顔などのスキンケアを心がけ、
サプリや漢方薬も利用し、
どうしようもないと思ったら
外科手術もありという感じですね。

 

 

 

・顎ニキビのしこりを治療するには?

 

 

 

顎ニキビはしこりになりやすいニキビですが
全部がそうなるわけではありません。

 

しこりが出来るということは
ターンオーバーがかなり乱れてるということ。

 

皮膚が厚いとしこりニキビができるのなら
顎ニキビは必ずしこりができないと
おかしいですよね。

 

重症化、もしくは慢性化することで
しこりニキビはできやすくなります。

 

まずはその負のスパイラルから抜け出せるよう
体のケアを心がけることが大事になります。

 

しこりは皮膚科にいくと手っ取り早いと
よく言われますが傷が残る恐れがあったり
手間もお金も時間もかかりますので
それは最終手段としたほうがいいですね。

 

基本はまず普段使っているニキビスキンケアや
メイクの質を確認してみることです。

 

男性なら髭剃りのやり方をおさらいしましょう。

 

肌につけるものはデリケートでないといけませんが
実際は添加物などの刺激物が多く含まれてるものが
あなたが思ってる以上に多いです。

 

シェービングフォームなどもそうです。

 

メイキャップはニキビスキンケアよりも
質が悪いものが多いので気をつけましょう。

 

髭剃りは刺激が少なく作られたものを使用します。

 

まずは悪いものを排除してから行わないと
効率が悪くなってしまうので気をつけましょう。

 

 

 

・しこりニキビの治療法について

 

 

 

治療としては体に低負担なのが漢方薬です。

 

でも漢方薬はいろいろ種類があり、
自分の体質にあったものでないと
逆効果にある恐れもあります。

 

炎症があるなしでも変わってきます。

 

例えばけいじぶくりょうがんという漢方薬は
血行を促進し冷えを改善する、
ホルモンバランスを安定化させるなどの
効果があると言われています。

 

しかし、炎症していない場合は不向きで
冷え体質でないと逆効果といった具合です。

 

よく処方されるのは
けいがいれんぎょうとうというものだそうですが
素人が適当に選ぶわけにはいかないので
漢方医に相談したほうがいいでしょう。

 

サプリは漢方薬以上に種類があってややこしいですが
基本はニキビ用品を出しているメーカー品を
選ぶのが無難だと思います。

 

皮膚科ではケミカルピーリングや注射、
切開などの治療法があり即効性がありますが
費用が高い、時間が要する欠点があります。